ソルースジェルでフレンチ風ピーコックをやってみた!

孔雀の羽根をイメージし、華やかで上品なデザインに仕上がるとして人気の「ピーコックネイル」

 

 

このページでは、そんなピーコックをソルースジェルのキットを使ってフレンチ風にアレンジしてみたので、やり方をご紹介しますね。

 

一度塗りで一気に仕上げるので、あまり時間もかからずにできます。
コツをつかめば簡単なので、普通のフレンチに飽きてしまった方にもおススメです!

 

【用意するもの】
・トップ&ベースジェル
・カラージェル(今回はフラワーとパールドロップを使用)
・アート用ブラシ
・つまようじ
・ブラシ拭き取りようのキッチンペーパー
※お好みでホログラム(小さめ)、ラメなど

 

@ベースを塗って、ライトで仮硬化します。
次にアート用のブラシにカラージェル(フラワー)をたっぷり目に取り、爪の先端と中央よりやや上にラインを2本引きます。

 

今回は2度塗りしないので、細いブラシで爪の真ん中にたっぷりと置いてからきれいに伸ばしました。

 

 

Aラインの間にカラージェル・パールドロップを同じように真ん中にたっぷりのせて、きれいに間を埋めていくように伸ばします。

 

この時にあまりブラシを動かしてしまうと色が混ざってしまうので注意してください。

 

色が混ざってしまった場合は、一度キッチンペーパーで拭いてからジェルを足して修正してください。

 

伸ばすというより、「置いていく感じ」でやるとうまくいきます。

 

 

Bつまようじを使ってピーッコック模様を作ります。
爪の真ん中から先端に向けて、つまようじを動かします。模様がかけたら仮硬化します。

 

 

※この後に先端部分とカラー部分との境目にホログラム入りのラメをのせました。

 

ラインを引くのではないのでブラシにベースジェルを少量取り、直接ホロラメをつけてのせていきました。
その後、仮硬化します。

 

Cトップジェルを塗って本硬化して出来上がりです。

 

 

ピーコックネイルの感想

ピーッコックは一度塗りで一気に仕上げるため、色を出そうとするとどうしてもカラージェルが厚塗りになってしまいやすくなります。

 

ジェルが流れて模様が崩れてしまわないように、親指は別に、他の指は2本ずつやるのがおススメです。

 

 

↑ホロラメをのせないと、「やはりちょっと地味?」って思いました。

 

 

↑ソルースジェルのパーツではないのですが、手持ちで適当な大きさのホロが入っているラメパウダーがあったので使ってみました。
薄い緑色でしたが、特に問題はなかったです。

 

 

私は先端と境目に小さいホログラム入りのラメをのせてみましたが、お好みでラインを引いたりラメをのせたりと色々アレンジしてみると楽しいですよ♪

 

カラーも鮮やかなピンク系と白っぽい色で大丈夫ですので、ぜひ今回のやり方を参考にフレンチ風ピーコックをやってみて下さい!

 

ソルースジェルの口コミ