3色使ったフットネイル(チェック柄)のやり方!

サンダルを履く機会の多い夏は特に素足をキレイに可愛く見せられるフットネイルが大活躍しますね!

 

 

もちろん夏だけでなく、秋・冬にもフットネイルをしていると「おしゃれだな」とか「足にもきちんとネイルしてて女子力高い!」とか思われますよ♪

 

今回はジェルネイルでセルフできる、チェック柄のフットネイルのやり方を写真を交えながらご紹介します。

 

【チェック柄フットネイルで用意するもの】
・トップ&ベースコート
・カラージェル3色(今回は赤系・ゴールド系・ベージュ系を使用)
・ブラシ(アートブラシは2本あった方が便利です)
・あれば2ミリの丸ホログラム(ゴールド)(もしなければ使わなくても大丈夫です)

 

使用したカラーの詳細

3色とも私がセルフでいつも使っているキットのソルースジェルで販売されているカラーとなります。

 

赤系・・・ファイヤーブリック
ゴールド系・・・シマーリングサイドグリッター
ベージュ系・・・マシュマロ

 

それではここから、チェック柄フットネイルのやり方を写真付きで紹介していきますね。

 

@ベースを塗って仮硬化させたあとに赤系のカラージェル(ファイヤーブリック)をフットに塗っていきます。

 

 

2度塗りした方が発色が良いので、2度塗りにしてあります。

 

 

アートブラシでベージュ系のカラージェル(マシュマロ)を取り、ラインを斜めに引いていきます。

 

次にゴールド系のカラージェル(シマーリングサイドグリッター)をアートブラシに取り、同様にラインを斜めに引いていきます。

 

ラインは太目に引いたので、アートブラシが2本あるならベージュ系(マシュマロ)とゴールド系(シマーリングサイドグリッター)のラインを交互に引いていくとバランスよく引けます。

 

その後、仮硬化させます。

 

A同じようにベージュ系とゴールド系を使用してラインを引いていきます。

 

最初に引いたラインとクロスさせてチェック柄の模様を作るので、赤系のカラー部分がひし形になるようにバランス良く引いてください。

 

 

ラインが全部引けたら仮硬化させます。

 

Bトップコートを塗って本硬化して出来上がりです。

 

 

チェック柄フットネイルの補足

足の爪は親指以外は小さくて同じようなチェック模様を作るのは難しいので、親指以外の他の指は赤系で塗りつぶし、中指と小指には2ミリのゴールドの丸ホログラムを斜めに置いてみました。

 

 

人差し指と薬指にもホログラムを置いてしまうと見た目的に少しくどくなってしまうので、塗りつぶしたままのデザインにしてあります。

 

ホログラムを乗せる場合の注意点

ホログラムは取れやすいので、ピンセットで少し付けて貼り付けてから仮硬化させ、少し厚めにトップジェルを塗るのがいいでしょう。

 

ホログラムがない方は同じ指にゴールドダストを重ねてもかわいい仕上がりになるかと思います。

 

今は100均でも買うことができますし、安くていろいろ使えるのでホログラムは基本のゴールドは持っていても損はないかと思います。

 

マシュマロは単色使いだとあまり出番もないかなと思って、ちょっと買うのにけっこう勇気がいりましたが、いざチェック柄フットネイルをやってみるとラインに使えるし意外に便利かも♪

 

秋っぽい色も簡単に出せたし、季節に合わせていろいろ使ってみようと思います。

 

ソルースジェル口コミレビュー